ハチ刺され   Apis.エイピス

この週末長女と留学生君は(同じクラス)クラスの親睦キャンプにいっています。

昼間に連絡網がまわってきました。
付き添いの先生が頭部をハチに刺されたようです。スズメバチらしい。
もしかしたら、泊まらずに帰ってくるかもしてない、とのことでした。

結果としては、安静にしていたらOKで痛み止めだけ出されて病院をあとにしたそうです。
スズメバチって死亡事故(二度以上刺されたときにアナフィラキシーショック)
もありますから心配しましたが、キャンプは予定通り続行!(ほっ)

ハチや虫に刺されたときどうしましょう?

刺されたところに虫の体液や針がついている場合は患部を洗います。
次に市販のステロイド剤やかゆみ止めの薬を塗ります。
かゆみがひどい時は、水道水でしぼったタオル等を上からあててしっかり冷やす。
などが一般的でしょうか。

こんな時役に立つのがホメオパシーのレメディーです。
虫さされ、噛み傷にはセルフケア的にApis.(エイピス)Hyper.(ハイペリカム)
Led.(リーダム)Arn.(アルニカ)Acon.(アコナイト)などがいいといわれています。

そのなかのApis.というレメディーは蜜蜂全体か毒針が原料です。

患部が赤くて焼けるような熱を持ち、針で刺すようにチクチク痛んで腫れています。
もし、刺し傷、噛み傷の部分が「腫れて赤く熱い」なら、このレメディー。
Apis.がよく作用する傷は接触と熱の両方に敏感で冷やすことで好転します。

以上の症状が「ハチに刺された」時の症状とそっくりな事はおわかり頂けると思います。
ホメオパシーは「似たものが似たものを癒す」のです。

Apis.はハチに刺されたときに有効なレメディーです。
もし、暖める、熱で良くなる症状であれば他のレメディーを検討します。

似た症状は虫さされだけではありません。「腫れて赤く熱い」がキーポイントです。
例えば、蕁麻疹が以上のようならばいいですし、皮膚、粘膜の症状はもちろん
やけど、日焼け、喉の腫れや、おたふく風邪もこのような症状像であれば使います。
(みんな赤くふくれた感じ。浮腫。水腫)膀胱炎にもいいです。

さらに目に見える症状だけでなく、似たものが似たものを治すのですから
「蜜蜂のような人」にもいいのです。蜜蜂のような人って???

蜜蜂は働き者です。いつもブンブン働きまわり、せわしない(虫はみんなそうですが)。

女社会の蜜蜂の働き蜂は全て雌です。働いて働いて一生を終えますが
生殖活動をするのは巨体の女王蜂の役目(女王様なのでもちろん働きません)。
もし働き蜂が人間のように話せるなら「なんで私ばっかり!!」
とブンブン怒っているかもしれません(笑)

こんな生態をもった蜜蜂から作ったレメディーは、
ワーカーホリックで、いつもせわしなく、空しい忙しさがあって、
疑い深いまたは嫉妬深い(同姓に、新参者に)、
興奮しやすくて、イライラして気むずかしいタイプの方に適応するのです。
あと暑い部屋で症状が悪化し、喉が渇かないのも特徴です。

セルフケアでは外傷的症状の時はArn. をおすすめしますけど、
「腫れて赤く熱い」症状ならApis.を思い出してください。
Arn. Apis.どちらを選んでも大丈夫です。
レメディー像と全体像が近いのを選びます。近い方がよく作用します。
刺された時、ってあわてますから、レメディー選択が難しいかもしれません。
まずは落ち着いて、どれかレメディを選んび、不安なら病院に行きます。
ホメオパシーは西洋薬と併用しても大丈夫。

最初にいったように 蜂刺されだけでなく他の虫さされの場合もポイントは
「患部がどのように感じるか、どんな様子か」です。
他の虫の症状はばらつきがありますが、蜜蜂に刺された患部は「腫れて赤く熱い」そうです。

なお、スズメバチの場合はLed.のほうがいいらしいです。
(Led.の場合は患部が赤いが、触ると熱くない時によいです。でも冷やすと好転します。)
でも、手元になければArn. Apis.でも十分ケアできます。

我が家の子ども達にはAcon.Arn.をいつも持たせています。
なにかあった時に心強いレメディー達です。(お守りレメディーなんですよ)
私も場所によってこの二つレメディー以外にもレメディーをプラスして携帯します。
夏から秋のキャンプや野山にはApis.を追加がいいかも。
スキーならばRhus-t とRuta.とcalc.(捻挫、骨折)・・・というようにね。

長女はApis.やLed.は持っていないだろうけど、
先生にAcon.Arn.どちらかすすめていること祈ります・・・先生お大事に。
d0090637_1934430.jpg

[PR]
by miroku-ai | 2006-09-23 19:18 | ホメオパシー


<< ホメオパシーとは 5 プルービング 日本と西洋の違い >>