ホメオパシー学校の四年になっちゃった

久々に投稿します。
週末二日間はホメオパシーの学校の授業でした。
そして三日目は『軽度発達障害とホメオパシー』という内容のセミナーで、
四日目は学校主催のセルフメディケーションコースに行き、
四日間ホメオパシーDAY'Sでした。Every day homeopathy~yeah!
でも、つかれたわあ・・・

ホメオパシーの学校に入って4年目で、ホメオパシーとは10年弱のつきあいになります。
しかし。こんなに私の人生を大きくゆさぶったものはないのです。

ホメオパシーの学校にはあまり知識も情報もなく入りました。
ただただ、直観的にひかれる、だけの理由でした。
人智学と同じ事を言っている、みんな繋がっているということに
わくわくしておりました。しかし・・・入学してみると・・・
頭をグワンと殴られた感じでした。

入学前は、ホメオパシーの学校はMateria Medica(レメディーの辞書)
と症状をいっぱい勉強するところ、と安易に思っていました。
我が校の学長先生の第一回目の講義は、
なんと「ホメオパシーと数学、物理学」からはじまりました。

    無理数+有理数=実数 
    相補的—Complementary。 
    どちらも(無理数・有理数)あって数の世界となりうるー完成  
    どちらもないと存在できない

    虚数とはImaginary number (空想的な数)
    虚数—あの世の数  現世で考え得ないもの・・・それが虚数。
    実数⇔虚数=現世⇔あの世

なーんて始まり、私は「ここはいったいどこ?」と目眩に襲われました。
物理?数学?量子力学?はあ?おまけに虚数?あの世?
ホメオパシーとどう繋がっているの?と途方にくれた覚えがあります。
喩えるとまるで、行き先がかいてある列車に乗ったはずなのに、
気がついたら、どこに行くのか見当もつかない宇宙ロケットに乗っていた、
そんな感覚がしたことをリアルにおぼえています。

     ホメオパスは世界に対し(森羅万象)人間に対しての洞察を深めること、が重要。
     ・Philosophy of homeopathy   ホメオパシーの哲学を学ぶ、こと。
     ・症状像⇔レメディ  常にどちらの側からも眺め、よく考察する。
     Materia medicaと Repertoryの無機質な丸暗記をするのではない。
     患者の人生をありのまま100%受け止めるのことなんです。

のような講義でした。
今じゃ、笑い話ですけど、入学してしばらく、授業の内容が
濃密すぎて、毎月授業の後は寝込みました(まじです)
甘かった〜しかし、今は大好きな世界です。もう以前にゃもどれませんわ(笑)

哲学、科学、芸術、宗教心 そして実践すること。
すべてが繋がり、循環している。宇宙の法則にそっていてはじめて
人間は幸せになる。ホメオパシーをあらわすとしたらこうなるかもしれないです。

    健康に生きることが本当の人生の目的ではない。
    本来の目的は使命を全うすること。
    スピリチュアルなV.F.は健全な肉体に宿る。
    「目的を全うする」ことに価値をおいている。

当時のノートを読み返し、胸が震えます。
学長を始めその他すばらしい先生方、クラスメイト
ホメオパシーに引き合わせてくれた方々、出来事に感謝します。
家族の協力・・・いつもありがとう。

最後の一年です。貴重な時間をゆっくりかみしめていこうとおもいます。
[PR]
by miroku-ai | 2006-10-11 23:59 | ホメオパシー


<< 霧 奈良の大仏さん >>