NZへ

今日は留学生くんが故郷に帰る日でしたので、
子ども達や我が家以降にホストファミリーとなったご家族と見送りにいきました。

本当にあっというまでした。
やってきたときはかなり緊張してたのかな。
今日の顔と来日した初日の顔とを思い比べました。
わらうとかわいいお顔の15才。すこし痩せた・・・?
(日本食でなのか?遠慮してなのか?)と担任の先生と話してました。
日本語も(というか関西弁が)うちにステイしてた頃よりさらに上達。若いっていいわ〜。

短期間のニッポンのかあちゃんとしては、また日本にきてほしいな。
どんな大人になるのだろう、楽しみ楽しみ。
故郷でも元気でね。うちのファミリーに来てくれてほんとにありがとう。



最近バイオグラフィーにはまってます。(シュタイナー関係の本です)
以前に教わったものより、バージョンアップした内容で驚いた。
これおすすめです。自分の魂の傾向や自分の今を見つめるよいワークです。

文章では説明が難しいんですけど、
21才までに経験したことは、21才以降の人生に深く影響を及ぼします。
善くも悪くもです。グラフ?表にしてみるとわかりやすいのだけど。
小学生のころにあった別れや出会いはまた30才前後に新たな出会いとなり
9才ころの印象に残っていることは?と答えたものが、
やはり、35才前後に作用している、というように。

留学生くんの「日本留学」は彼の人生にどう作用するんだろう・・・?
と手を振りながら考えた。
もし前世というのがあったら、その時も会っていたのだろうか私達家族。
彼が大人になった時振り返ってみて、日本という国(エネルギー)は、私達との出会いは
彼のなかでどんなふうに変容し、形となるのだろう。

留学生君だけでなく、子ども達が21才になるまでの環境は
今生終えるまでその人の人生に大きく影響をあたえ続け、
もしかしたら来世までも影響を及ぼすかもしれない。
(きっとそうだと思うのだけど)

今、彼らは、出会う者達と共に、今回の自分の人生の土台に「種」を撒いている。
そして、その「種」は、連綿と受け継いできている「種」なんだろうな・・・
[PR]
by miroku-ai | 2006-12-12 23:51 | プラスα


<< 突然コスメブログ!? ひらめき脳とケーステイキング >>