クリスマスプレゼント

d0090637_1551311.jpgクリスマスおめでとうございます。
皆さんはどんなクリスマスイブでしたか?

我が家は、もちろん子ども中心です。
うちはキリスト教の信者ではありませんが、
私は「キリスト」の誕生をお祝いする
大切な月として12月をとらえていますし、
子ども達も学校や幼稚園で
「待降節(アドベント)」を大切にして過ごしますが・・・
やはり「クリスマス=プレゼントがもらえる」とのインパクトは強いようです。

うちの子どもは小さい頃から
   サンタさんの直筆英語のお手紙!(サンタは英語を使うか信憑性は不明)
   サンタさんがプレゼントをもって自宅を訪問した!
   雪が積もった年には家のまわりにソリとトナカイの足跡が残ってる!
などなどを経験して、子ども達は立派なサンタ信奉者です、HO HO HO!

しかしね〜中学生のムスメたちは、それなりに「サンタ危機」を経て、
今は「希望のプレゼントを書いた手紙をツリーに飾っておけばもらえちゃう」ので
いまだに、心の中はわかりませんが、まじめに(?)お願いをやってはります。

ムスコは同級生の「サンタ危機」を目の当たりにした今年度、
緊張したイブを迎え、翌朝(つまり今朝)
「やっぱりサンタさんはいるんだ!!!!!」と。うふふ。かあいい。

しかし、結構彼の注文は難しい。「ドラゴンのおもちゃをください」とか。
(因みにドラゴンは手作りでした)
今年はなんと「パリーポッターの透明マントをください」でした。
続く言葉は「いたずらには使いませんから」です。泣かせる〜
「もし無理なら、ムシキングカードの○○(永遠に指定名称が続く・・・爆)」

サンタさーん最大のピンチ! 
サンタさんは困りに困って、手品やさんのお兄さんのおすすめマジックを注文し
サンタの相方はゲーム機でカードを出す作業を任命され。
そしてサンタさんからのお手紙に追伸を入れてもらうことに。
(いつも子ども一人一人にサンタさんからメッセージが届く)

P.S.
英セントアンドリュース大学のレオンハルト教授らが透明マントを研究中。
実はハリーポッターの世界は、今より進んだ世界が描かれているんじゃ。
透明マントは、もうしばらくお待ちを・・・それまで魔法の練習に励むのじゃぞ。
              サンタクロースより


今朝ムスコが嬉しげに見せてくれました。
「ぼく、このP.S.のあとの言葉が好き〜」って何度も読んでいました。
上の娘が、「透明マントの研究する科学者めざしたら?」と弟に。
うん、うん。いいこと言うな〜
(因みに、科学者の間で透明マントの研究は本当にやっているらしい
ネット検索したら今年の春に発表されています:マントかどうかはしらないけど・・・)

実は息子はハリーポッターになるのが夢。口癖は、
「お母さん、ホグワーツ(魔法学校)から入学許可書がきたらイギリスに行かせてな」

ムスコよ、「魔法使い」って、本当は昔の科学者なんだよ。

生意気盛りの娘も低学年の時、「魔法の杖を下さい」ってお願いしてたっけ。

この季節子ども達に繰り返し話すこと。
「サンタクロースはいるよ。サンタクロースはいるんだ、って
信じている子どもには、必ず贈り物がくるんだよ。」

サンタクロースさん、私達に 毎年夢をありがとう。
[PR]
by miroku-ai | 2006-12-25 15:43 | プラスα


<< 今年もよろしくお願いします 突然コスメブログ!? >>