膿み

子どもの病気で一週間ほどあたふたしていました。
で、結局 母としては疲れてしまい、ブログどころでない
→ついついさぼる、というこうとでした。ほほほ。
年の始めに、決心したあれはいったいいずこに?

というわけで、またぼちぼち始めました。
今回はホメオパシー失敗談?です。

真ん中の娘が右耳が痛いというので、見ましたら耳が赤く腫れています。
とにかくなにかレメディーをと思ったのですが
最近 ホメオパシーはなんだか嫌、彼女なのでのでそのまま次の日をむかえ、
(かなりひどくなるまでレメディー飲まないのよね、とほほ。

次の日夕方に自分から耳鼻科に行くと言うので連れて行きました。
診断は  先天性耳瘻孔化膿症でした。症状についてはこことかここを参照して下さい。

町の耳鼻科では化膿と痛みを抗生剤でちらしていく方向でした。
これで化膿がおさまらないなら、切開ですといわれました。
私&娘 「切開・・・コワー」

本人はとにかく不機嫌で、レメディーでも医薬でもできれば飲みたくない
と最近とみに強情で、内面の様子も十分にきくことはできなかったですが
とにかく、ずきんずきん痛いというのでなんとかBellを飲ませる。
耳鼻科で出された抗生剤は飲んだり飲まなかったりで、痛み止めは飲んでいました。
本人曰く、「抗生剤を飲むとよけいに痛くなる」そうで・・・
思春期の子どもをもっていたらわかると思いますが、
ま、しょうがないし、こちら(母)は様子をみることにしました。

症状があるのに、抗生剤も飲まず、母の私が心配してレメディー飲んでみたら、
というのもろくにきかず、症状がでて3日程過ぎてになってやっとレメディーを選べる
状態となりまして(汗)平行して、抗生剤も飲ませました。

ここまでくるのにいろいろあって・・・
お互いの勘違いから。ひょんなことから姉弟喧嘩。
弟が間違って娘の患部を叩いた!とかなんとかで、
私もいれて大騒ぎになってしまってねえ〜。修羅場です(汗)

「お母さんは自分ばかり怒る」 「弟はえこひいきされていてずるい」
二時間くらい、ゆっくり話を聞くと、娘は大体こういうことを言ってましたが、
私の経験を交えたりして二人で長い時間 話をしました。

そして、かなり素直になってきました。
で、「耳が二倍くらいにふくれている気がする」
というので、みるとかなり腫れています。
弟に叩かれた時から、マシになりつつあった痛みと腫れが倍増したそうです。
喧嘩が始まる前までは、回復し始めていたのに・・・

次の朝、耳鼻科にいきましたら、
「切開です。自分とこではできないから医大付属病院に紹介しますから」と。
でも、切開、となると誰でもコワイですし、本人はもちろん、めいっぱい拒否。
そこをなだめて連れていきました。

大学病院での処置は、注射で膿を抜き、点滴で抗生剤を入れる、でした。
点滴をいれた頃には、本人の怖さも落ち着き、痛みも治まり始め、
「お医者さんに助けてもらってよかったね」
ということをいうと、かなり理解したみたいでした。ふう〜。

次の日、耳の処置されたところのバンソコウをはがすと
バーと白い膿がでてきました。
それから、注射針のあとから膿がどんどんでました。
膿がでてどんどん腫れも小さくなってきました。

それから本人も機嫌が良くなってきました。
私や家族とも、かなりよい状態で話もできるようになりました。

年頃の難しさも手伝い、本人の状態にマッチしたレメディーを選べなかったことや
レメディーや抗生剤をに飲んだり飲まなかったり、中途半端なことをして、
後半はレメディーの種類飲ませすぎたことなどが、
ここまで ひどくさせてしまったのだろう、というのがが私の反省です。

でも、今になって家族喧嘩→親子対話→症状更に悪化→膿の排出→気分好転
を眺めると結果として良い方向になったと思っています。

抗生剤等での症状の抑圧はあまりしたくなかったことは確かですが、
「緊急の場合、病院に助けてもらう」ことが、どんなに心強いことか。
これはホメオパシー療法に限らないことですが、
“目の前にいる患者が必要としていることをおこなう”ことが
医療にかかわるものの基本ですから。
医療の真髄はアロパシーだのホメオパシーだの批判している次元ではない
と今回 身をもって痛感しました。

ホメオパシーとはただレメディーを飲むことではない、といわれます。

詳細はプライバシーの都合上書けませんが、
生まれてから、今まで、成長の過程でたまってきた“膿み”を
出さないといけなかったのだろう、と思います。

「我を通すことよりも、優先して判断していくこと」と気がついてくれたかな?

同時に親の私も家族も自分の身体にひそむ“膿み”とはいったいなんであるのか?
と考えた今回の病気だったように思ったのですが、どうでしょうかね〜。
[PR]
by miroku-ai | 2007-01-21 15:32 | ホメオパシー


<< 汝納豆を信じるべからず 今年もよろしくお願いします >>