許せないざます!架空請求!

d0090637_1965924.jpg
先週郵便受けに←の葉書が(ピンボケm(_ _)m)
陪審員のお呼び出しか?と思ったら。
んまあ〜なんと 裁判のお呼び出しぃぃ〜?!



よく読むと、へ?裁判取り下げ期日が明日?
消印が昨日?っていったいどおゆうことよ〜
なんで関西人のあたしが東京第一財務局とかに
お呼び出しくらうわけ?

とにかく、支払いとかちゃんとしてる(はず)し
訴えられるにしても督促状とかくるはずなのに。
なんかの詐欺まがいだとはおもったけど
身に覚えのないもので言われるのもムカツクし
気持ち悪いし、帰宅した主人に相談。


知り合いの弁護士に聞いてくれて、以下弁護士さんの見解
葉書で期日ぎりぎりに送付している
→冷静に考える時間を与えないための手法送付方法自体、異常。
→茶封筒で書留で送付文面についても、矛盾だらけである
従って、今回の件は一切対応の必要はない。

やっぱりねって。
でも。気持ち悪いじゃない、こういうことって。

少しでも身に覚えのある人なら、電話しちゃうんだろうな〜
なんの被害もないようでいて、実際精神的にはなんかね〜
被害をうけたような感じ。ヤダヤダ。

こういうとき、Staph.スタフサグリアのレメディーをどうぞ。
他人や自分自身によってなされた事に関する強い憤り。その結果としての悲しみ。
“侵入”されたと感じる時。屈辱的と感じるとか、いらいらしたりね。

実際、だまされへんで!と思っているけど
誰やねん、個人データー売った奴!!ゆるせん!!!
ま、私にStaph.的感受性がないとはいえないからこんなアホ葉書
がくるんだよね〜むかつくわ!!!!とか。

そう、そういうあんた(=私)がStaph.なんじゃ。
ただでは起きあがらないわ!!的なこんなブログ書いたりして(笑)

けっこう、この手口有名みたい。友達も言ってた。
おきをつけあそばせ・・・
[PR]
by miroku-ai | 2007-06-18 19:30 | プラスα


<< 泥だんごの効用 チャネリングカード 2 >>