腎不全

今日はちょっと自分の気持ちの整理のために書きます。
凹みモードでよければおつきあい下さいまし。
今朝ハリーが(満7歳)が腎不全(4段階が最終として3段階あたり)と診断されましてね。





たまたま、昨日長男が「ハリーの○たま大きくなってない?」と言い
私もここ最近漠然と「なんでかでっかいな〜」と思っていた(長男スルドイ)
ので、ついでに前回した血液検査の結果を聞くのもかねて獣医へ。

睾丸については、それほど腫れはないので様子をみましょうとのこと。
(しかし、腫れが酷くなると、去勢手術しかないそうだ〜ぶるぶる)

その後なにげに聞いた血液検査の結果。
「数値がかなり高く、腎臓が悪いかも。肝臓の数値も悪いし、貧血もあります」
ひー。
で、獣医が再検査(血液)したら、結果:数値はことごとく悪化。
つまり、腎不全間違いなし、って感じ。

犬の慢性腎不全は人間と同じで、いったん壊れた腎細胞は回復しません。
人間なら、透析や腎移植で対処するけど、犬にはどっちの療法も確立してないし
投薬、点滴(透析のかわり)、食事療法しかないらしい。

そういえば、去年我が家に来たときから食欲ないし、すぐに嘔吐してたけど
真夏だし、嘔吐なんてよくあるし〜なんておもっていた。
そのうち手作り食してもりもり食べるようになり、よかった〜と思っていた。

今年の梅雨に入った頃、食欲がなくなり、お腹を壊すことが多かった。
梅雨時だしね。って思っているうちに、良くなってきた。
5日前も再度食欲がなくなったし、下痢したり嘔吐したり、元気なかった。
彼に近いであろうPhos.を一つやったら、また元気になって、
機嫌もよく、活動的(ピョンピョン跳んだり)になったハリー。

今思えば、全部 腎不全の症状が出てたんだ。
嘔吐、下痢の他、しかし喉の渇きなんて、犬だしいっぱい飲むだろう
と思っていたし。詳しく調べると、無関心みたいな症状があるらしい。
最近、以前のやんちゃぶりがなくなり、大好きなボール遊びもあまりしなくなったし
って思っていたけど、オヤジ犬になったからかな〜と思っていたのが
実は、この病気の症状だったなんて・・・・(腎は意欲の臓器だもんね)
口臭(これも症状だそう)がきつくなってきたなとは感じていたけど、
これもうちに来たときから歯垢がいっぱいだったから、しょうがないか・・・と思っていた。
腎不全の口臭はアンモニア臭があるそうだ。全身がオシッコ化してるんかな。

症状は気がついていたのに。でも全くうちの子にかぎって、って思ってた。
うちに来る前も、全く検査なんてしてもらってなかったみたいだし、
小さい頃の様子をしらないとはいえ、無念感。
次女には、「なんでうちに来たときに精密検査せんかったん!」って
言われたけど、すべて後の祭り。(Ign.風に)はあ〜

症状として表現していたのに、気がつけなかった私・・・
っていうことで、今日は凹んでいます。ホメ学生としても失格やんか〜(泣)とか
もしかして生食、栄養管理なんかが自己流すぎたのだろうか・・・etc
(↑自分を責める;私の悪い傾向)

ネット検索してみたら、色んな情報がありました。
もちろん、現代医学的情報と、それと漢方やホメオパシー、
手作り食事療法をされている方のサイトもあるとわかり、ちょっと楽に。

また、このブログご覧になった方で、よい療法等の情報をご存じなら教えて下さい。
(つうか、「腎臓に効くレメディーってありますか?」(^^;)って気分)

人間の慢性腎不全をホメオパシーで!なんて今の私のキャリア
では口が裂けても言えませんし、(犬なら大丈夫かという意味でもないが)
このくらい進行していたら、ホメオパシーだけでケアは危険を伴う。

もちろん、西洋医学的な治療していく方向に決めた。
それと、ホメオパシーや他の療法を組み合わせてしていくつもり。
緩和ホメオパシーでも、十分できることがあるはず。
今日はまだルブリクスもみてない段階だけどさ。
獣医は、睾丸の腫れは腎不全と関係ないって言ってたけど
私は関係ないことはない、って考えている(腎と生殖器は仲良し臓器じゃん)

「余命は?」なんていう奴(家族のなかで)もいるんだけど(爆)
「ハリーなんて、あと10年以内には確実死ぬんだから」と諭したりして(笑)

ペットの病気は人間の影響がほとんど、というから
飼い主の私達の問題も見つめながら、できることからやっていこう。
ハリーが一番ハリーらしく、生きていくこと、をもう一度見ていこう。
なにか、ハリーと私達にとって気がつかないといけないこと
変化しないといけないことがあるのだろうな。

ってことで今日はこのへんで。長々と失礼しました。
[PR]
by miroku-ai | 2007-08-01 19:48 | αわんこ


<< 腎不全じゃないかも 環境 >>