腎不全じゃないかも

前回の記事でハリーが腎不全の末期に近いかもと獣医に言われ
かなりあせったのですが、昨日半日入院して詳しくみてもらいました(院長担当に変更)。

結果からいうと、腎不全という腎臓ほとんどが機能していない
という可能性よりも、右の腎臓に腫瘍ができているかもしんない、
ということみたいで、一安心しました。



それにしても、最近の獣医さんの設備ってすごいね。
私がハリーを飼う前は、実家で猫も犬も数頭飼っていて、
よく近所の獣医さんにお世話になっていたけど、
小さくて、一間しかなくて、とってもアナログだったような。
しかし、今通っている獣医は、最新式で、おされ〜なところ。スタッフも多いし。
4診までお部屋もあり、テラス(もちろんペット用)もあったりでびっくらこいた。
(家から一番近かったので選んだのだけどさ)

昔の獣医経験といっても20年近いので 私がかなり浦島太郎しているのか。
それにしても、レントゲン、エコーの録画画像をみての診断説明なんて
人間とまったく同じなんだね〜とびっくりした。

エコー上の臓器の比較をしながら、この病状は可能性あるかも、ちがうかもって
説明してくれて。医療関係の学生としましては、とても参考になり楽しかった

ということで、腎臓の形は扁平がみられるものの萎縮・変色してる様子もないようで
全体として腎不全様ではないみたいだし、
腎動脈、静脈とも元気で、肝臓もok、膀胱、尿管、前立腺も
今のところ問題なしだけど、尿検査で炎症反応はないが潜血がみられるので
なにか腎障害はあるだろう。いまのところ、輸液で、尿毒を排出しやすくして
食事療法して、再検査して再度治療法を考える、ってことでした。

再検査で数値がよくなっていなければ、腎細胞検査なんだって。
考えただけでも怖いけど。この時にできれば精巣の腫れもあわせて
手術してもいいかも、なんて獣医は言うのだ。

そんなことはもう、今はいいのだ。
治る見込みがなく、進行させないようにするだけなんかと
暗黒なきもちがした3日前より、希望があるから、
努力して(獣医のいうことに従い)少しでも腎機能アップできるようするわ!!!

「ついてる×1000」「感謝します」みたいな気持ちで(笑)
これまた親ばかの子ども達に抱っこされて(歩けるのに)獣医を後にしました。

これから、しばらく2,3日に一度点滴に通うんだって。
恐るべし、ペット医療業界。
ペットがますます人間化している?コレじゃあ、病気も増えるわな(→お前だよ)

この日2万円近くかかったので「とほほ」な私をみて次女が
「○○(うちの名字)ハリーちゃん」と書かれていたから保険できかないの?
と無邪気に言うので、動物は実費なの、と説明してさしあげました。
『でもいいやん、それでハリーが助かるんだから』って・・・そのとおりなんですけど。

それはそれでいいのですが、ペットもやはり予防医学の意識が必要なんだよね。
「動物の健康とは」「動物の幸福とは」を考えるいい機会。

今は獣医の方針でいきますが、そのうち(好転すると信じている) ホメオパシー
や、(腎臓疾患)手作り食事とか、他の療法も取り入れていこうと思いますので、
今から勉強しつつですが、報告出来たらと思います。
それと心配してくださった方々ありがとうございました。

追伸:半日入院とかして心配していた私達を大いに裏切り、
妙に病院が気に入っていたように見えるハリー・・・おめー。

ハリー談:スタッフのおねーちゃんがかわいがってくれるもーん。
+かわいいワンコやイタズラしたくなるニャンコたちがいてとっても楽しかった。
チクンとしたり、じっと抑えつけられるのは嫌だったけど。
[PR]
by miroku-ai | 2007-08-04 13:44 | αわんこ


<< 夏の陣:ライオンコース修了 腎不全 >>