学校はまちがってもいいところ

息子(11歳)が夕食後算数の宿題をしていた。
わからないところをみてやる。なんだか今日は気分良くみてやれたんだよね。
それは、しろくまさんのブログを読んで私がとても安心したからかもね。
(時々、ガミガミババアに変身するのだ〜爆)

最近糸山氏のようなよく考えている教育者が増えているなと思う。
齊藤孝さんとか。AERAとかの教育雑誌もでてますね(全部いいかどうかは別として)
詰め込み教育のいかんところは親世代もよくわかっているはず。
でも、どうしたらいいかよくわからない→○○式とか塾にたよっちゃう。

そうじゃないんだよな〜
大人の役目は、その子が大人になって、自分の意志でしっかりたって
自分で考えて、行動できるように環境を整えてやることなんだよね。
そして、そのためには、子どもの成長のしくみ(段階)をしらないといけない。
そのことをよくわかっている人は、シュタイナーさんだったりする。
ここで間違ってはいけないのは、シュタイナー教育にたよることじゃないのだ。

シュタイナーをしらなくても、人間のことをよくわかっているひとは
上手に子どもを導くことができるのだ。
だから、そういう人が表した教育はシュタイナー教育に似ているのはごくあたりまえ。

こんなふうにすっきり理解できたのは、ぼちぼちと、だったわけでして。
初めは、それこそシュタイナー教育にしても形ばっかりのお母さんだったと思う。
だから、子ども達には迷惑をかけてきたはず。
最近はそんな自分も赦せるようになったかな・・・・

いろんな焦りはあってもしかたない。
まずは、子どもを信じること。私を信じること。
私が子どもにしてやれることは、環境を整えてやること。
親も子どもにとっては環境のひとつにしかすぎない(率としては大きいけど)

それから瞑想・・・・それは祈り。
「私の子どもがこうなりますように」ではなく、
私の子どもがこうなりたいと想い描くことが叶いますように

子どもは、親をはじめ肉親から、教師から、社会から、劣等感を
すりこまれちゃう。だって、育てる側に劣等感がてんこもりだからね。
それをいかに肯定し、信じることに転換するかである。
だって子どもはマネをするんだもの。口先だけでは見破られ、負の連鎖が続く。

計算が早くできるのがいい。たくさん知識があるといい。
そうやって、大人は子どもをせかせて、準備の出来ていない子どもに知的早産させる。
結局大人が、自分で考える楽しみを奪ってしまうのだ。

息子は算数が苦手だという。
だけど、それは反復の量が少ないだけで、時期もまだ熟していないだけ。
私が説明すると、特に絵を描いてあげたりすると、わかる。
「あんたバカちゃうんねんで〜」と何度もいってやる。

宿題、まちがっていってもいいんだよ。
学校にいってる間は、間違っていいんだからさ。
  じゃあ、お母さん、しゃ・・・社会にでたら?(はじめて彼から社会って言葉がでた)
そうね、大人になっても間違っちゃいけない、ってわけじゃないよ。
間違ったってわかったら、間違いを改めたらいいんだよ。
  ふうん・・・

困ったら、解決できるように、それから考えるといい。
ほんとうに「わかる」ってことが経験できるといいね。
今は考える道筋をつける練習をしている、そしてたくさん遊ぶ、それくらいだよ。

遊ぶ・・・たくさんのファンタジー、イメージのなかで。
そう、このまえ、クスッってわらうことがあったな。

私が彼になにかの説明(忘れた・・・がーん)をしていて、
「だからね、このなかの小人さんがね・・・」といいかけたら
「なんでいっつも小人さんとか天使さんとかなん!」と息子(ちょっと苦しそうに)
あ、そうか。もう外からの(大人からの)そんな世界がいらない時期がきたんだ。
末っ子だから、私自身が感傷的になるのかとおもってたけど、案外さっぱり。
小人とか天使さんの出てくるお話からすこし変えていこうか、と心でつぶやく私。

それと今日夕飯時に息子が「ナマズが地震を起こすって言われてたん?」と聞いてきた。
「昔の日本では地面の下に大ナマズがいて、それが動くと地震になるって言われていた」
と答えると、「ほんまにそんなん いてへんやろ?」と聞く。
私が「昔の人はそう信じてはったんよ」、いつものようにまじめに答えると、
14歳の姉が「天照大神とかって、旧約聖書のアダムとイブのようなもんやし、
昔ってそういうことやで」と言った。証拠が・・・とか息子が言いかけていたけど、
姉のそんな話がかぶさってそれ以上息子は聞かなかった。

このやりとりをきいて、彼らは確実に自分の物語をもっているんだって思った。
反抗期の次女と、夢見ごごちの(時期が長かった)長男。
その二人の立場が少し変化した一瞬だった。
これからも、我が家の3人姉弟のそれぞれの物語は変化していくだろう。
今日のように、誰かが引っ込めば、誰かが出る、っていうふうに紡いでいってほしいな。
すごい喧嘩するけど姉弟ってなかなかいいもんやんか。

姉弟の会話というと、去年のクリスマスの日のもう一つ上の姉と弟の会話
ルビコン川をのんびり渡っている息子の今年のサンタさんはどうなることやら。
楽しみだ〜ひゃ〜


あれ・・・また話がどこかにいってしまいましたけど。
悩みが多い子育てだったりするけど、今日みたいな小春日和にささえられているな。
御縁のあるすべての存在と、子ども達、家族に感謝。
今日も最後までおつきあいありがとうございました。
[PR]
by miroku-ai | 2007-11-12 23:35 | プラスα


<< 息子よ! 12人の怒れる男 >>