カテゴリ:ホメオパシー( 25 )

○○○を薄めたらかぐわしきにほひ!?

問題:「牛の糞とバニラ」、「オナラと薔薇」
上の二つの関係ってなんでしょう?

d0090637_2232243.jpg
d0090637_22305471.jpg



「イキナリー!」でしょうか。ふふふ。
(バニラアイス写真はflickrバラの写真はwikipedia)

今月初めこんなニュースに笑ろた〜
「笑えるとしか言いようがなく、しかも記憶に残り、人々を考えさせる業績」に贈られる年恒例のイグ・ノーベル賞で、牛の糞からバニラ香料成分を抽出した日本の山本麻由さん(26)が化学賞を受賞した。壇上では、牛の糞から抽出した香料を使った「バニラ」アイスクリームが式に多数参加した本家の「ノーベル賞」受賞者に配られ、教授らは意を決した表情で口に運んでいた

ホメオパシーのレメディーに
Ambr.(AMBRA GRISEA:龍涎香:マッコウクジラの胃腸で生成される結石)
Mosch.(MOSCHUS:麝香:雄の麝香鹿の生殖腺分泌物)というのものがあります。
どちらも動物由来のレメディーです。というか、場所的に“シモ”ですね(*^_^*)
以前レメディー勉強会で調べてくれた仲間がいてユニークなレメディーでした。

トイレに関して恥ずかしさを持つ他、見知らぬ人に困惑するAmbr. さんとか
Mosch.さんはわがままで、注目を得ようとする、たとえば失神したりして(笑)
どちらも「注目」がキーワードなんだな、と思いました。
ま、どちらも「動物レメディー」さんですので、そういう面が強いのです。

今日はレメディーの話はおいといて・・・・
香りの持つ不思議さです。
これら動物レメディーは“香水”の原料として有名です。しかも特に高価でレアもの。

冒頭の:「牛の糞とバニラ」、「オナラと薔薇」
対照的なこの二つの臭いですが、含まれているものに共通の物があります。
それが、インドール、スカトールなどの成分です。
どちらもたんぱく質が分解される時に出る成分ですが、濃度が高いと不快ですが、
不思議な事に濃度が薄くなるとインドールは動物生薬の麝香や、スミレ、
スカトールはジャスミンやジンチョウゲのような臭いに変化するそうです。

ね・・・不思議ではないですか?
麝香もフェロモンの一種といわれているみたいですし、
龍涎香は鯨の結石?糞?が海で日光に曝され熟成したら上物だそうで
バニラ(蘭の仲間)も熟成させてはじめてあの香りになるそうですよ。
蘭ってセクシーでしょ?というか、花はそれ自体が生殖器ですね。

動物界っておもしろーい(植物の生殖はもっと微細かも)
うちの犬ハリーも散歩の時、道ばたのオシッコ目の色かえて舐めてるし(かんべんして〜)
動物ってお尻の臭いでコミュニケーションしますよね。
オス犬は1km以内に発情したメスがいると、「気が狂いそう」らしい(笑)
人間には通常感知出来ないこと、ポテンタイズされている、つまりは
薄めて活性されたもののによって世界は動いていますよね。

ホメオパシーの学校の先生が
「薄めると薬に、濃いと毒になる。薬と毒の定義ですが、
厳密に言うと薬と毒には区別はありません。水も多すぎると毒になります」

って「チャングムの誓い」を鑑賞した授業でもおっしゃってましたが
(チャングムが先生から薬と毒について聞かれて答えるシーン)
ほんとそうだな〜、薬だけでなく、物質としては濃くても、薄めると媚薬になるけど
そのものは、強烈に臭い“ブツ”。媚薬の原物質は、“毒”にもなるのだ。

人間も、そんな野生を失いつつあるけど、本当は、ホメオパシー的に世界をみると
「媚薬レベル」になったエネルギーに常に翻弄されているのとおもいませんか?

昔、本田美奈子がアイドルだった頃、たしか『明星』かなにかに(歳が・・・)
「美奈子のうんちはいいニオイなの。バラの香りなの」って言っていて
私は「このホラ吹きめが!!!」と、友達とけなした記憶がありますが
今思えば、あながちウソじゃないとわかりました。天国の美奈子様ごめんね。

薄めれば薄めるほどイイ!
・・・・すごい発見ですよね〜

追伸です。
牛糞バ二リン生成について真面目な報告はこちらにありました。
イグ ノーベル賞って調べると、面白い賞ですが、受賞した当事者としては、
あまりうれしくなさそう。だってね〜ベンベニストも受賞しているわ。しかも二回も。
くわしくはwikipediaを読んでみてね。
[PR]
by miroku-ai | 2007-10-10 23:37 | ホメオパシー

ホメオパシー寺子屋@京都

早々と10月。今年も残り少なくなったぞ、と少し哀し〜(笑)
数秘術によると2007年10月は 「1:発展・スタート」の月に当っているみたいです。
(2007年10月の数字を順番に足し一の位になるまで足す:2+7+10=19=1)
世の中も郵便局を始め新たな流れが起こっています。
今日から世界の流れが変わりますよ〜見えない世界では、新年のようかもしれません。

今日ご紹介するのは、そんな月にふさわしいイチオシ情報です。

私のホメオパスであり、恩師である荻野哲也氏が、
京都で、ホメオパシーの学校を創立されました(今日から始動ですって)
クラシカルホメオパシー京都
とても柔らかく、親しみやすいHPになっていて、
堅苦しくなく、荻野氏のお人柄がにじみ出ています。
(奥様とともに手作りで創られた学校ですので、ご夫婦のエネルギーかもしれませんが)

日本ではまだ、ホメオパシーはメジャーではありませんが
世界中で、ホメオパシーのコンセプト?をめぐって複雑な模様になっている気がするのは
私だけではないと思います。ましてや、ホメオパシーに懐疑的なものも含めると、
“カオス”のように感じます。

しかし、ホメオパシーはとてもシンプルなものだと最近確信しました。
当たり前ですが、ハーネマン自身はホメオパシーに関してシンプルだった。
それ以降に受け継いだものが、混乱して、複雑なものにしてしまった。
「ハーネマン」のスピリットをありのまま受け取り、伝えたい。と強く思います。

ホメオパシーの世界から見据えていこうとしているもの、それは、
ミクロコスモスの人間であり、マクロコスモスの宇宙の両宇宙です。

パラケルススがこう言っています。
「ミクロコスモスたる人間は天と地の収束点、世界の中心核である。円周が中心に依存するように、世界は人間に依存している。人間の能力は広大無辺だ。人間には宇宙の半分しか見えないが、残りの半分においても、人間は秘密(アルカナ)に参入することによって知ることが出来る。ミクロコスモスの人間の魂が肉体によって表現されるのと同様に、マクロコスモスたる世界は「世界魂」が、世界によって顕現している。それゆえに、そのしるしを認識し、偉大なる「自然という本」、「世界の書」の文字を読み取ることによって、それは成されると言う」


あら・・・また話がそれましたが。
ハーネマン魂(笑)を素直に、楽しく、学びたいと思われる方は、是非京都の
新しい学校(のHP)に遊びにいってみてくださいね。
学校というより、寺子屋のような雰囲気でやりたいって随分前から
構想を練られていました。

ホメオパシーの発展とともに、新しい学校の発展を超超〜祈っています。

さあ〜私もがんばろ〜、OH!

追伸:
さすが モトお笑い芸人ホメオパスです。
「よく分かるホメオパシー」の鴨川さんのプロフに“心は女子高生のように純粋”って・・・
ぷぷぷ。鴨川、東山コンビの会話にもしつこく出てくる女子高校生。
これだけは、ご勘弁を〜(笑)そんで冷静でイケメンの東山くんて・・・あ〜妄想が・・・
[PR]
by miroku-ai | 2007-10-01 23:59 | ホメオパシー

卒業 〜commencement〜

もう、二週間経つのですがご報告まで。

9月2日はHahnemann Academy of Homeopathyホメオパシーの学校の卒業式でした。
私達は、栄えある大阪校の一期生なんですよ〜♪(ちょっとした自慢?)

卒業式♪〜の続きはクリックしてね
[PR]
by miroku-ai | 2007-09-16 01:04 | ホメオパシー

プルービングの物質

今回のプルービングですが、
なにか思い当たるものはありましたか?
難しかったかなあ。
セミナー参加者や、プルーバーももちろん“なにか”は知らされないで
プルービングのシェアリングは行われるわけです。
シェアの後ちょっとお楽しみ的に「原物質を当てよう(?)投票」が行われます。

それでも、原物質を当てた方がいらっしゃいました。
私ともう一人のオブザーバーを担当してくださった方がただ一人ビンゴでした。
ひゃー、すごい洞察ですね。そのレメディーの物質は・・・

答えはクリックすると出てきます
[PR]
by miroku-ai | 2007-08-24 23:15 | ホメオパシー

プルービング体験

Dr.Dinesh Chauhanのライオンコースのカリキュラムの一貫(有志)
プルービング体験がある。

今回で二回目になるのだけれど、
一回目は結局参加せずだったので、私は初体験のプルービング。
15人くらい?でプラセボーをふくめ、“あるレメディー:日本に由来の深いもの”
をとって、毎日日記につけ、オブザーバーと連絡しながら記録する。

More
[PR]
by miroku-ai | 2007-08-22 18:51 | ホメオパシー

夏の陣:ライオンコース修了

あ”つ”い”・・・・・
お盆、夏休みはいかがお過ごしで?
私は、ホメオパシーのセミナー6日間コースでホメオパシー三昧。

一般のニッポン人なら休みなこの時期、
盆だけでなく暮れと正月の“くそ忙しい”時に限って開かれる
知る人ゾ知るライオンコース。まさに「盆と正月がいっぺんにくる」てんやわんや(笑)
日本人ホメオパスとして古株でもある渡辺奈津先生をさらに開眼させた
Dr.Rajan Sankaranの愛弟子であるDr.Dinesh Chauhan
日本で二年間のセミナーを依頼したとか。(正確には二年半)
(そのもよう↑が彼のHPにupされている。昨日HPみて驚いた)
六日間×5回なので、全部で30日もあったのね〜ひえ〜。

More
[PR]
by miroku-ai | 2007-08-18 16:25 | ホメオパシー

ヴァイタルフォース

ここんところ、どん底でした。
のっけから景気の悪い話でしてすんまそん。

ひさしぶりに、落ち込みってものを経験しました。
昔は、感情に振り回されて、ぐるんぐるんしていましたが
ホメオパシーのセッションを重ね、「健康」というものにかなり近づいたと思ってました。
少々のことにも振り回さず、ご機嫌に生きるコツをつかんできたな
なんて思っていましたが、結構あっけなくガッツンきますね。

続きはクリック
[PR]
by miroku-ai | 2007-06-13 16:23 | ホメオパシー

防御は最高の攻撃

昨日子どものスポーツ系の習い事に見学にいった時の出来事。(久々に行った)

私が一番のりで、読書してたら、二組の母親が入ってきた。
(二階窓・ガラス張り から見学できるの)
一人は下のお子さんをつれていた。

子連れのお母さんは腰を落ち着けたとたん
「この前のことですけど、第三者(スタッフ)に入ってもらって話合いをしたい」
というと、片一方の母親(少し年配)は、
「(キッ!)どうしてでしょうか?」な〜んて言っちゃって、
メラメラ・険悪バトルムードになった。(きゃー)

続きはクリック
[PR]
by miroku-ai | 2007-05-17 17:23 | ホメオパシー

攻撃とアレルギーのメカニズム

前回病気が教えてくれる、病気の治し方の続きです。

この本の前半は病気とは?の哲学なんですけど後半はよくある病気の症状をとりあげて、
そこに象徴されるメッセージを「心の問題」として解説されています。
ある症状を調べて、自分で病気について、自己認識するためのトレーニング
のために使うように用意されています。最終的に世界観を広げてくれということかな。

この本のおかげで、ホメオパシーの理解がすごく深まったと前回報告しましたが
レメディーの理解も深まったような気がします。

潔癖性ってありますよね。Ars.(アルセニカム)なんか潔癖で有名です。

続きはクリック
[PR]
by miroku-ai | 2007-05-09 03:02 | ホメオパシー

残された時間・・・卒業

公立中学校に通っている次女が学校からもらってくる手紙(保護者宛の)
のなかでとても楽しみにしているものがあります。
それは、スクールカウンセラーの便りです。内容をかいつまむと・・・
  そのセンセの話の記事はこことかここです。(隠れファンなの)

カウンセリングの仕事はある一定の時間内で行われます。(普通は50分)
で、カウンセリング終了の10分前や5分前に、唐突に大事なことを話し始めるがいます。
なぜカウンセリングに時間制限があるのか?という理由の一つでもあるそうです。

時間がないため、まとまりのない話だけれど、その分その人の思いのこもった言葉に
なるそうです。でもこの5分かそこらのことがカウンセリングを進展させるということです。

もはやなにかをするための自由な時間はないが、何かにせき立てられて、話したいことを話す。時間がなくなってからでないと話せなかった・・・
まるで、テスト3日前になって追いつめられて勉強するように。

これをよんで、あっとおもいました。
ホメオパシーのセッションでも最後に「何か他にお話ししたいことはありますか?」
とききます。ホメオパス側から「そろそろ終わります」の合図となりますが
これを皮切りに、延々と話される患者さんがいるそうです。
じつは、ここからが正念場になる患者さんもいますよ。
(ホメオパシーセッションは初診で2,3時間たっぷりとってありますけど)

カウンセリングにせよ、ホメオパシーセッションにせよ、
患者さんは、何かに困って、相談されに訪問してきます。
にもかかわらず、黙っている人、隠す人がいるのです。
なぜでしょう?それは顕在意識がブロックしているのです。
潜在意識の「ワタシ」は病気の状態を一刻もはやく解放したいのに
もっと浅い「ワタシ」が邪魔をする。向きあうのが怖いのです。
ある意味、人間は「病気のままでいたい」願望がある、ということです。

でも、カウンセリングの5分前のように、せっぱ詰まってくると、
追いつめられることにより、自分の気持ちに気がつくことが多いと
スクールカウンセラーの便りにかかれていました。

そして中学を卒業する生徒はまさに「中学生活で残された時間はカウンセリング終了5分前」
なんだと。なにかこれにピンときた人は、その気持ちを大切に、と締めくくられていました。

ワタシ、中三じゃないですケド(笑)ピンときた人です
ホメオパシーの学校、残すところ半年です。
いろいろ、至らないところが多くて、冷や汗ものです。

今、向きあって、全うさせないといけない問題があります。
ここで、避けてとおることもできます。
でもきっと、そうすると、次のステージでも同じ問題がやってきます。

ふう・・・そろそろ5分前だわ。
[PR]
by miroku-ai | 2007-03-13 23:07 | ホメオパシー