<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

インフルエンザとタミフルの因果関係

<タミフル>服用の中2男子が転落死 仙台・関連調査 [ 02月27日 11時46分 ]
エキサイトニュースより

さっきみたネットnews。
またもや14才の子どもが転落し亡くなりました。
たしか今年度二件目ではないでしょうか。

厚生労働省によると、タミフル服用後の異常行動で16歳以下の子供が死亡した例は、06年10月までに16件報告されている。厚労省はタミフルについて「安全性に重大な懸念があるとは考えていない」との見解を示しているが、2月16日には服用したとみられる愛知県の中学2年の女子生徒(14)がマンション10階から転落死したことを受け、処方や服用の実態調査に乗り出していた。

早く病気を治したいのはわかります。病気の症状は辛いものです。
でも、症状が、感じない、見えなくなったら病気はオシマイじゃありません。
封じこめて、治ったと思いこんでいて、本当は自分で治せてはいないし、
通過しないといけない病気の“源”はもっと奥深く進む可能性があります。

幻覚など異常行動起こした子ども達は、薬による反応を身体で表現していたのでしょう。
だって、インフルエンザは風邪より断然しんどいものだからこそ
「封じ込めた反動」がでてもおかしくはないです。

薬害タミフル脳症被害者の会をのぞいてみてください。
タミフルという薬がどういうものか、そして家族が亡くなられた方の声や
家族が異常行動を起こした投稿も紹介されています。

流行病の予防接種でも同じことがおこっています。
大切な家族が亡くなって、国が補償してくれないことが多々あります。
命は自分達の責任で守らないといけないし、補償されても亡くなった方は戻りません。

事情があるならタミフル飲まないといけないかもしれません。
だけど、目を離したらダメです。特に中学生。
小学生と違って、ものすごい力がでます。大人でも制止できません。
また、小さい子どもは、呼吸停止などに気をつけて下さい。

でも、もっとしないといけないことがあります。
病気とはなんだろう?ってかんがえることです。
健康だからこそ、病気になるんです。

インフルエンザ、しんどいかもしれないけど、大丈夫、乗り越えられます。
インフルエンザ脳症・・・どうして脳症がおこるか考えてみてください。
それと、「恐怖心」が余計に病気をやっかいにさせます。

少年のご冥福をお祈りします。
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-27 15:31 | プラスα

ブラジャーハンガー

中小企業のヒット商品開発についての記事を夕刊で読みました。
その商品とはブラジャーハンガー

その商品のアイデアに脱帽です。
この会社はプラスチック製品の会社で昔は灯油のポンプのシェア上位を誇っていた
のが安い中国製品におされて苦労されていた時、この社長(普通のおっちゃん)が
奥さんの干すピンチにぶら下がっているブラジャーに注目。
それがまたヨレヨレだった(笑)らしく、「これだ!」とひらめいたとか。

東急ハンズでも売り出されて、ヒット中らしいのです。
おっちゃん社長は世間の冷たい視線を浴びながら、
毎日ブラジャー売り場で、ブラジャー研究されたそうです。
・・・うーん、すごいッス。
丸みとか、乾きやすさとか、追究されたそうです。
ハンガーは、上にブラウスとかもかけて干せるし、
カップのまま収納もできるとか。

この社長の自分とこの製品のこだわりの情熱にしびれました。
この灯油ポンプも壊れにくい商品として有名だったとインタビューに書かれていました。

ブラの洗濯ネットって最近は100均でも売っていますけど
干すこと までは女性の私も気が回らなかったですが、
安かろう、まずかろう(悪かろう)の傾向は、どうもねえ〜。

真摯に仕事にむかう時、イマジネーションがふってくるのだな〜。

このブラのカップ、マジンガーZの女ロボ(オッパイミサイル?)を
連想してしまう(汗)    古〜。ご存じ?
もしや社長は永井豪のファンとか?(私は好き(^^;))
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-26 22:43

花粉症

この時期インフルエンザと同じくらい困っている方が多いのが花粉症
もう先週からすごいらしい。談:超高性能なアナログ花粉アンテナ(笑)の友人。

えーと、私はアトピー&喘息のアレルギーだった(ほぼホメオパシーで治りました)けど
花粉症はまだないです。ま、猫や埃アレルギーがあるので
そんなのとよくにた症状と思いますけど・・・花粉からは逃れられません。

実は花粉症もアレルギーも免疫疾患で、
免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。
免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、
生体にとって不可欠な生理機能である。

自分でないもの(非自己)に対して自己が攻撃するメカニズム
病原菌などへの免疫反応は必要ですが、
反応しなくてもいいものにまで反応する(花粉は無害なのに)のがアレルギー。

ホメオパシーでかなりセルフケアできますのでご紹介。

Mixed-pollen  
pollenは花粉の意味でいろんな花粉をミックスして作られたレメディです。
マインドとか考えずに気軽にとれます。
花粉への感受性を弱めるそうです。
花粉症の症状が3,4割緩和されると報告されています。
        
Allium-cepa  (赤玉ねぎのレメディー)
玉ねぎを切ったら泣けてきて鼻水がたれます。花粉症と似た症状です。
鼻の症状で熱くて段々とただれてくる感じがするときに。
Allium cepaは目より鼻の症状が中心です。
耳、のど(咽〜喉頭)にひろがる可能性があります。
このような特徴を伴う咳や声のかすれがある場合、
喉頭がムズムズして空咳が出る傾向があります。
冷たい空気を吸うと咳が始まる場合もあります。
Mixed-pollenより深く効くそうです。

d0090637_2326277.jpg
鼻水やくしゃみの他に、目が痒い、
目玉を出して洗いたい!くらいつらい症状に。
そんなときに活躍するのがEuphrasia です。
鼻はひどくないけれど・目の粘膜の症状とか
とにかく『目』の症状の時試すといいです。
おもいろいことに、この植物の別名はアイブライトといいますが、昔から、目に効くハーブとして使われてきました。花びらの模様が『目』に似ている!というところからだそうですよ。
写真のお花、目にみえますかしら・・・?

このMixed-pollen、Allium-cepa、Euphrasiaは対処療法の薬の
ようにわりあい簡単に選べます。
ワンシーズンから、2、3年はこれらでいけるとも聞きます。

また、すこし上級セルフケアとしましては、
Natrum muriaticum(食塩)、Pulsatilla(西洋オキナグサ),Arsenicum(砒素)
などがあります。またこれらのレメディーについては別の機会に。

でも、それでもおさまらないときは、やはりセッションをおすすめします。
花粉症(アレルギー)はりっぱな慢性病なので、根本治療でないと治りませんから。
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-25 23:38 | ホメオパシー入門編

インフルエンザ

久しぶりにレメディーの話です。
みなさんは風邪やインフルエンザは大丈夫ですか?

実は、先週いっぱい次女は学校を休みました。
たぶん・・・インフルエンザだったんだろうな。
というのは、夜だったし医者にはいかんかった。
(ま、まず我が家は滅多に医者にいかん)

週の半分あたりから、毎日学級閉鎖となり
次女も「明日から学校いくぞ!」といっていた金曜はなんと
学年閉鎖でして・・・結局一週間休んだことになります。

この季節期末試験一週間切ってるんだけれども。

んで、今回飲ませたのは、Gels.(ゲルセニウムまたはジェルセニウム)というレメディー。
抜群にインフルエンザっぽい症状にききます。
たぶん・・・予防接種をうつよりも、なんですね。
予防接種を打ちたくないなら、冬になったら、まず一粒とります。
11月、12月、1月と一ヶ月ごと一粒とる、でいいです。
そして、クラスで誰かインフルエンザにかかった、という話がきこえて
きたら、2週間に一粒とっておくと、予防にもなりますし、
かかったとしても軽く病気を通過させることができます。

ところで、インフルエンザの症状というと、
背中がぞくぞくして、身体が冷たい。
体はだるくて重く、動きが鈍ります。
身体の筋肉、節々が痛みます。
後頭部の頭痛。重く垂れ下がったまぶた、ぼやけた視野、ほてった顔などですね。

これがGels.の症状ととっても似ているので、Gels.はインフルエンザや
重い風邪の症状によいといわれているのです。

d0090637_2271764.jpgGels.はマチン科 ゲルセミウム属で
カロライナジャスミンという植物です。
よく庭のフェンスなどでみかけられますけど、
有毒です。誤って食べると強い痙攣を起こし、
脈拍が増加し、呼吸困難になる
アルカロイドがふくまれています。

インフルエンザといえば全身倦怠感です。
なにをするにも、だるくて起きあがれません。
ホメオパシーのレメディーの中にツル性の植物にこういった
「しっかり自力で立てない」という症状があります。
ツルってどこかにまきついていたいものでしょ。

あとGels.の有名な症状のひとつに「予期不安」があります。
「試験前になると、やる気がおきない」とか
「嫌なことを聞いてから不調でヘナヘナ」とか
身体も気持ちもヘタレ状態』のときにも飲むといいのです。
だから、受験&インフルエンザがダブルこのシーズンに人気者のレメディー
というわけです。(友人からリクエストが多いので私は冬前に沢山注文しておきます)

え、うちですか?
はい、友人に「Gels.飲んだら〜?」なんて勧めながら、
すっかり我が家のホメオパシー的予防を忘れていたとほほな私。

インフルエンザをうまく通過させたいおうちは、いまからでも
ご家族でGels.をとられることをおすすめします。
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-24 22:08 | ホメオパシー入門編

公立中学で

またもや続きです。

こうして小学校を「書類上」卒業した子どもたちは、またもや中学でも「不登校」
ということで、在籍させて頂いています。
それで、長女はこの春中学卒業します。
毎年、長女と何度か中学を訪問します。その時に、校長先生や担任や主任先生の前で
学校のノートを見せたりどんな授業を受けているかとかを話します。
幸い、娘は臆せず、何でも話すことができる性質の子で助かります。

シェイクスピアの劇を卒業演劇として取り組みましたが、その取り組み方が半端じゃないので
国語科の先生方は「自分もしようかな〜」とかつぶやいたり。
とにかく子どもの学校では教科書がなく、一人一人のノートが教科書となるわけで
その美しさに、その質の深さ、豊かさに、先生方は感嘆の声を上げられます。

続き
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-18 02:56

公立学校

続きです。

なんで前回教育云々を長々と書いたかというと、
最近の教育現場も少しずつ変わって来ていると感じたからです。

フリースクールの学校が開校しそちらへ入学させようとしたとき
上の二人の子どもはは公立小学校に通っていました。
「来年度から無認可の学校にいかせます。無認可なので
この小学校に在籍させてほしいです。」
と校長先生に言いにいきましたら、驚かれたのは無理もありません。

More
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-18 02:19 | シュタイナー

シュタイナー教育と公教育

日本にあるシュタイナー学校は最近になって学校法人になった学校もで出来つつありますが
日本のシュタイナー学校の何校かは、非営利団体立の学校です。
フリースクールの扱いですので、もちろん認可がおりていません。

シュタイナー学校の児童は毎日嬉しそうに登校していても
国から認められていないので実は「不登校」の扱いなんです。
シュタイナー学校の児童は義務教育の期間は書類上?はそれぞれ地元の
公立小学校、中学校に「在籍」という形をとります。

More
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-18 01:36 | シュタイナー

若い人によるコンサート

このブログを読んで下さっている皆様のバレンタインデイはいかがでしたか?

今朝息子(10才)はというと「あ〜どきどきするぅ」というので「なにが?」
と聞くと、「チョコをもらえなかったらどうしょう」だって。
んで、学校から帰ってきて「クラスでチョコの数一番だった(^^)/」
そうか、そうか。今年はプレッシャーだったのか。モテ君もつらいのぉ〜

娘は紙袋いっぱいの「友チョコ」もらいご満悦〜
私はというと手作りチョコも(家族用)なんだか
今年はごめんなさいしてしまいました。(くらくらした。チョコにプルービングか?)

日本はお菓子屋さんの陰謀で女の子から男の子に告白出来る日
ちゅうのがきにいらない〜なんで日本ではこうなるの〜!!!

昔ローマで士気が弱まるからと結婚を禁じられていて
あるカップルが聖バレンタインの助力を得て、国禁を犯して結婚します。
それでバレンタインは投獄されます。
ある看守に目の不自由な娘がおり、バレンタインと親しくなりました。
そして、バレンタインが彼女のために祈ると、奇跡的に目が見えるようになります。
これがきっかけとなり、バレンタインは処刑されてしまうのですが、
死ぬ前に「あなたのバレンタインより」と署名した手紙を彼女に残したそうです。
バレンタインの命日が2月14日なんですって。
そのうち若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづった手紙を
2月14日に出すようになり、これが次第に広まって行ったとか。

そういう愛の日って一応知ってほしいな〜
・・・とか言いながら、私も最近まで詳しくは知らなかったわ。オイ!!!
何年か前にシュタイナー学校で、子ども達が教わってきたのを教えてもらいました。
いろいろバレンタインの伝説はあるみたいだけど詳しくは忘れちゃった(だめじゃん)
なんか姫(女の子)がパンを配るためハート形のパンを焼いた覚えがあるにゃ。
また子どもにきいておきますm(_ _)m

とにかく、バレンタインって「愛する人に」捧げる日なのだ〜と言いたいのである。

で、話はかわり、今夜は娘たちとコンサートにいきました。(また行ったの
知人の知り合いが主催する大学生くらいの若い人の管弦楽団。
art cubeというグループでした。

アイネ・クライネ・ナハト・ムジークとかおなじみの曲から
D・ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲とか技術いりそうなのも
若者らしく演奏をしていたのが印象的でした。
この曲のソロヴァイオリンしてた子は穴あきジーンズ(他の演奏者は正装)
しかもジャニーズ系な男の子で そのミスマッチがおもしろかった〜

シンクロナイズドスイミング風のピアノ連弾とか
小学生のコスプレしてとか、文化祭みたいなノリでした。
プロではないのでお安いし、「はじける若さの音」って感じです。
決して、いい音でてる!ブラボーな音!とはいえないのだけれど・・・
こういう人達を育てていけば、クラッシック界の裾野も広がるね。
最近は、「のだめ」効果もあるしさ。

ということで、例年より、ちょっと変わったバレンタインの日でした。
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-14 23:28 | プラスα

chocolate

日曜日(12日)の我が家は甘いチョコの香りでくらくらしそうでした。
バレンタインのチョコを作るのに次女が友人と台所でがんばってました。
そしてその横で、長女もせっせと三種類!もチョコ菓子を製作。
今日(13日)も娘達はチョコ菓子つくってました。お疲れさん(爆)

で、中学の懇談で担任の先生がいってました〜
「最近は男子にあげるより、女子同志で交換してるのが流行ってます」
だって〜あはは、それってセンセ「友チョコ」だよ。
ま、我が家も毎年友チョコ状態で、いいのやら悪いのやら〜

「キャー」な男子はいても、次第にたよりないお子ちゃまにみえてくるの?
・・・理想が高いのだろうか?
今の子ども達は「告った」「告られた」とかうるさいですが、
本当に好きでたまらない?相手にはまだ巡りあえていないのでしょうか。

ホメオパシーにchocolateというレメディーがあります。
チョコレートのレメディーの中心的フィーリングは、
温かみや愛情の欠乏、触れ合うことへの欲求。
特の母と子の愛情の問題。
まだ母の乳首に吸い付きたいという欲求が非常に強く残っているのに、
それが与えられないこども、その様なフィーリングです。
結果、子どもは完全に見捨てられたと感じ、
不安を感じる、傷つけられることを恐れる。
いつも空腹で食べ物を探し回ってきたジプシーのような感じを抱く。

“spirits of homeopathy“より〜

2005年のジェレミーシェアーの国際セミナーのchocolateのノートより。
ジェレミー先生はチョコは「愛と関係がある」と考えています。
ロマンスと関連している。誘惑的、性的なものでバレンタインデーの贈りものに使われる。

また恋人というより「母親との関係性」に関連が深い。
興味深いのは、母親との複雑な関係にあることである。
母乳との関係性。チョコを食べている時は母乳を吸っている感覚がある

子供が6歳過ぎるまで母乳を与えたい。d0090637_1641950.jpg
母乳をあげる事によって子供を愛せる。
そしてまだまだ母乳を吸いたい子供。
赤ちゃんにあっちへ行ってと言う母親。
母乳を吸わなくなってから、問題が起こる。

最近はワーキングマザーって多いです。早く離乳する子どもというか、
精神的に「離乳された」と感じている人も少なくないでしょう。
子どもと精神的に離れたい願望のあるお母さんも(←私もかも)。
sep.(イカ墨のレメディー)にも似ていますね。sep.もチョコ好きだし。

なんか先進国でのチョコ狂奏曲とか、チョコ依存症(中毒)とか考えたら
chocolateのレメディーの
「温かみや愛情の欠乏、触れ合うことへの欲求。特の母と子の愛情の問題。」
っていうエネルギーじゃないかと思ってしまいます。

「友チョコ」とか「マイチョコ」・・・
恋ではなく、「温かみ」を求めているんじゃない?
「傷つけられたくないの」って。
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-13 23:33 | ホメオパシー

セロ弾きのゴーシュ

「宮沢賢治 セロ弾きのゴーシュ」のコンサートに長女といってきました。
すこし変わったコンサートで、落語と管弦楽のコラボでした。

舞台の半分が管弦楽(洋風?)で半分は高座(和風)で、あはは〜な感じ。
それでも、舞台が始まると違和感なく引き込まれました。

物語の語り手は、今をときめく桂吉弥(←夫:談)
ちょうど落語のお囃子のようにフルートやパーカションが鳴り
ゴーシュがチェロを引きずって運ぶところなんかが
普通の落語のようにおなじみの扇子で巧みに表現されるのですよ。

実はクラッシク音楽仕立てのセロ弾きのゴーシュは2度目。
初めての会は演奏者がたった一人だったのですが、
女性チェリストの演奏がよかったという印象のみでした。
あの時は三番目の子がまだ未就園児で大変だったなあ〜

だけど今回は、演奏や演出もよかったのだけど、
宮沢賢治のこの作品に対して印象が全く変わりました。
賢治の作品は不思議感があり、いま一つ理解に苦しむ作品(思想)が多かったのですが
(「やまなし」とか)、今回沢山の気づきがありました。
はっきりいうと、賢治がすこし好きになりました。(好きになれなかったの・・・)

ひと言で言うと、「賢治のやさしさ」にふれたような・・・
よく味わってみると、「一人の人間の成長のあり方」だったんですね。

田舎町の楽団で下手っぴいなチェロ弾きのゴーシュは
楽団長から叱られ、心底「困ってしまう」ところから物語が始まります。
動物たちは楽団長から指摘されたところを全て「身を呈して」教えてくれるんです。
猫とかっこうとのやりとりはお互い痛々しいのです。
私達が「気づく」ために、他人はあえて「悪役」のような形でもって
教えてくれます。観音様ですね・・・

後半の狸と鼠らとのやりとりには「自分自身を受け入れること」が表現されています。
子鼠の病気を治す所なんて、いつもホメオパシーの学校の学長がおっしゃる
「自分自身を癒していく余波で他人を癒せるんです」って言葉がひびきます。

ま、↑はねいろ風感想ですけれど・・・
ホメオパシーをはじめて、色んな文学作品、映画の印象が
変わったことに気がつきます。ありがたや〜(今まで閉じていたんだろうな)

また賢治の作品を読み返してみたいです。
「夜鷹の星」なんて、「いじめ」問題に悩んでいる親に読んでもらいたい。
「魂は決して病まない」というメッセージではないでしょうか?
賢治の感性・・・特に音楽に対してもすごい人だったのですね。

話が大きくそれてきましたが。
実は、ゴーシュ役は長女のチェロの先生でした。
いつも淡々と穏やかな指導をされるの先生なんですが
あんなに感情をこめた演奏をなさるとは驚きでした。d0090637_383763.jpg
なんせ、レッスンの時の静かな先生がコンマス(みたい?)なポジションなのが
「と〜っても不思議な気分」で娘と拍手して。
(もともとチェロってあんまり日の目をみない楽器だしさ=そこがいいんだけど)

いや〜音楽っていいですね〜♪
[PR]
by miroku-ai | 2007-02-12 02:17 | プラスα